笑顔の女性たち
心配している女性
白い錠剤と木のスプーン
薬を飲む女性

ピルは一般的には避妊を目的に使用される薬とイメージされるものですが、実際のところは女性ホルモン剤になります。これは、女性ホルモンを定められた量を体内に取り入れることによって妊娠ができない状態できるという事が発見されたことから避妊方法として使われるようになったものです。この方法であれば女性が正しく使用することでほぼ100%の避妊ができます。

この仕組みとしては、妊娠している間は新たな妊娠が起こらない状態になることを女性ホルモンを人為的に取り入れることで起こさせるというものです。実際には妊娠初期の状態であり、この状態になると生殖器が変化して新たな妊娠が発生しないようにします。その状態としては、第一には排卵抑制をすることや子宮頸管の分泌液を変化させて精子が進入しないようにする、また子宮内膜を変化させて受精卵が着床しないようにするというものです。これにより、ほぼ100%の避妊効果を得ることができます。

このようなピルですが、経口避妊薬として一般にも使われるようになったのはトリキュラーが登場してからになります。初期に発売されたものではホルモンバランスを乱すことから副作用のリスクが高く、それを理由に敬遠する人も多くいましたが、トリキュラーでは、新たに開発された合成黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと、合成卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを含み、それらの配合量を3種類にわけて順番どおりに服用することで副作用を抑えて避妊効果を得ることができるようにしたものです。このため、トリキュラーは経口避妊薬では第2世代3相性タイプに分類されるものです。この3相性になったことで、それまで経口避妊薬として敬遠されてきたピルが多くの人に利用されるようになっています。

トリキュラーは経口避妊薬として承認されているものですが、生理周期を安定させる効果もあるもので、生理不順などの治療にも処方されるものです。そもそも女性の生理周期は約28日単位で起こるもので、トリキュラーもそれに合わせて28日サイクルで使用します。具体的にはそれぞれ含有されたホルモン量が異なる錠剤を服用しますが、順番として赤褐色6錠(6日間)、白色5錠(5日間)、淡黄褐色10錠(10日間)で合計21日分があり、その後7日は休憩となります。トリキュラー21では21錠で7日間の休憩を経て再開しますが、トリキュラー28では休憩日用に成分の入っていないプラセボ錠が7錠追加されているものです。この28日サイクルを繰り返すことで生理周期も安定し、不安定な生理周期を原因とする不快症状を大幅に改善することができます。

トリキュラーそのものは日本でも承認された薬ですが、気軽に薬局やドラッグストアで買えるものではなく病院での処方となるものです。理由としては、適応できる人に条件があるためで、特にリスクとして血栓症があります。これは、エチニルエストラジオールやレボノルゲストレルの影響によって血栓ができやすいためで、特にヘビースモーカーはそのリスクを高めることが知られています。このためピルの使用では定期的な検査をすることが求められており、基本的には病院でかかりつけ医を見つけて購入するのがベストな選択です。

ただ、その一方で病院に行かなくても通販でも購入することは出来ます。トリキュラーの通販は個人輸入という方法で、海外で発売されているトリキュラーを購入するものです。日本で発売されているものも海外で発売されているものも全く同じものであり効果も同じです。通販で購入するメリットは処方せんが不要で費用でも安くなることで、病院であれば診察料や検査料が発生しますが、それが不要な分だけ費用は安くなるものです。また病院にいく時間がない場合にも通販であればパソコンやスマートフォンから簡単に注文できので、トリキュラーを買うなら通販を利用さると良いと思います。