• ホーム
  • ピルを服用して起こる不正出血について解説します!

ピルを服用して起こる不正出血について解説します!

落ち込む女性

ピルは、女性ホルモン剤であり、これによって避妊による効果や生理を安定させ生理前や生理中の不快症状を改善するといったことが可能です。その一方でピルを使用することで起こる作用のひとつに不正出血があります。ピルの副作用としては、吐き気や偏頭痛、むくみといったものがあり、使用し始めの頃に出やすいものです。この症状はいずれ3ヶ月程度で治まるものですし、症状が出にくい人もいます。

一方で、低用量ピルを服用する時に重要なのが、スタートするタイミングです。月経が始まるタイミングで服用すると、月経を止めようとする作用が働くためで、これにより少量の出血が続いてしまう不正出血が起こります。また女性ホルモンが乱れることでもこの出血が発生するもので、ピルとの相性が良くなかった場合に見られます。たいていの場合には、身体が慣れることで不正出血は止みます。途中で止めるというのは、あまり良い選択とはいえず、服用を中止すると抑制された排卵が再開してさらに不正出血が起こる可能性があります。医師から処方を受けている場合には医師の指導のもとに中止するか続けるか判断してもらうのが賢明な選択です。

ただ不正出血でも病気が原因もありますから、不正出血が続くような場合には注意が必要です。基本的には医師に診断してもらうことが大事ですが病気が疑われるケースとしては、塊が出てくる場合や色が茶色といった場合です。これはピルを服用していなくても注意しなければならないことで、塊が出てくる場合には子宮筋腫や子宮内筋膜証、子宮頸がんなど生殖器で病気が発生している可能性があります。ただ良性のケースもありますから、異常が見られる場合には一度、診断を受けてみると安心できるものです。またクラミジアなどの性病が原因のケースもあります。また出血する血液が茶色の場合には、時間が経過していることが考えられ、生殖器でトラブルが起こっている可能性が考えられます。

不正出血でも注意しなければならないのが消退出血の有無です。消退出血は、生理や排卵によって起こされるもので、ピルを服用していなくても起こる生理時の出血になります。この場合にはエストロゲンやプロゲステロンが減少することで発生するものです。ピルを使用するとエストロゲンやプロゲステロンを補充するものですが、トリキュラーなど28日サイクルで服用する場合には21日経過して休憩期間に入ることでも消退出血と同じメカニズムで出血が起こるもので、この場合には不正出血とはいえません。しかし、飲み忘れてすぐに出血したり、飲み始めると出血をするような場合、いつまでも出血が続いたりする場合にはピルの成分が合っていない可能性があり一定の期間、使用しても状況が改善しない場合には、種類を変えてみるのも手段です。

なお、トリキュラーにしても少量の不正出血は起こりやすいものとされており、まだ十分に身体が慣れていない飲み始めの頃にみられやすいものです。また飲み忘れによっても起こる場合がありますが、飲み忘れの場合にも避妊効果は失われても続けて飲む方が、中断するよりも身体に与えるダメージは少ないものになります。

関連記事
低用量ピルは不安・・・という方には超低用量ピルの「ヤーズ」がオススメ! 2020年07月05日

ピルは配合される黄体ホルモンの種類によって世代分類されており、第1世代ではノルエチステロン、第2世代ではレボノルゲストレル、第3世代ではデソゲストレル、第4世代ではドロスピレノンといった違いがあります。一方で卵胞ホルモンに関しては、どの世代のものであってもエチニルエストラジオールが使用されているもの...

低用量ピルは通販サイトで買うのがお得なワケ 2020年05月30日

個人輸入代行という手段を使うことで低用量ピルを通販で買うことが可能ですが、通販を選択する理由としては、価格が大きなウェイトを占めます。病院であれば診察料や検査料が必要ですし、価格も病院ごとに異なるものです。その点で個人輸入代行を利用して低用量ピルを購入すれば、同じ効果のものが安い値段で手に入れること...

人によって症状の違う更年期障害!どんな症状が出るの? 2020年04月23日

更年期障害は女性に見られるもので、分泌されるホルモンの量が低下することによって引き起こされるものです。女性の場合には、卵巣で作られる卵胞ホルモンであるエストロゲンが身体を作る上で欠かせない働きをしていますが、成熟期を過ぎて老齢期に入るとそのエストロゲンの分泌量はピーク時と比べると、減ってしまうもので...

プレマリンでエストロゲンの減少を防いで更年期障害の症状を抑えられる? 2020年03月26日

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少することによって発生するさまざまな不快症状のことです。更年期障害そのものは、主に40代後半頃から見られるものですが、個人差が大きく、それより若い段階で見られる人も居れば、遅れる人もいます。また症状についても生活に支障が出るほど重症化するよ...

低用量ピルの「マーベロン」はニキビも改善する 2020年02月28日

低用量ピルを用いることで得られる避妊以外の効果のひとつにニキビが改善するというものがあります。そもそもニキビは、思春期に見られるものでホルモンバランスの変化から皮脂が活発に分泌され、それによって毛穴で炎症症状が起こるものです。本来は思春期に見られる顔に出来る吹き出物がニキビであるのですが、現代では大...