• ホーム
  • プレマリンでエストロゲンの減少を防いで更年期障害の症状を抑えられる?

プレマリンでエストロゲンの減少を防いで更年期障害の症状を抑えられる?

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少することによって発生するさまざまな不快症状のことです。更年期障害そのものは、主に40代後半頃から見られるものですが、個人差が大きく、それより若い段階で見られる人も居れば、遅れる人もいます。また症状についても生活に支障が出るほど重症化するような人もいれば、ほとんど気にならない人もいるものです。
この更年期障害の原因となるエストロゲンは、卵胞ホルモンで卵巣から分泌されるものであり排卵が終わる閉経によって分泌される量も減少します。実際には閉経に向けて減少していくため、閉経する5年前頃から症状としては現れるものです。ホルモンは身体を作る上で重要な役割を果たしていますが、このホルモンバランスが乱れることにより、さまざまな不快症状が現れますが、月経前症候群や生理痛などは一時的な症状で治まるのに対して更年期障害では、症状が断続的に現れることもあり、それは閉経後5年程度続く場合もあります。

このような辛い症状を改善する方法としては、乱れたホルモンバランスを取り戻すために不足する女性ホルモンを補充することで改善することができ、その目的に使われる薬としてプレマリンがあります。プレマリンは女性ホルモンの卵胞ホルモンであるエストロゲンを補うための薬で、避妊などを目的とした低用量ピルやアフターピルとは異なり、更年期障害の治療に使うことを目的としています。閉経前後に少量を用いることで不快症状を改善することができ、更年期障害でよく見られるホットフラッシュと呼ばれるのぼせや発汗、血管運動神経症状に対して高い効果を発揮します。また加齢とともに泌尿器および生殖器が萎縮し、これによって膣が乾燥したり、尿失禁が起こりやすくなりますが、これらの症状に対しても効果があり、また長期使用によって閉経後に起こる骨粗鬆症のリスクを軽減させることができるものです。

プレマリンの有効成分は統合型エストロゲンと呼ばれるもので、開発されてから年月が経っており、代表的な卵胞ホルモン薬として使われてきたものです。女性ホルモンにはいくつかの種類があり、エストロンやエストリオールなどがありますが、プレマインの統合型エストロゲンは服用すると体内で活性のエストラジオールに転換されます。エストラジオールもエストロゲンの一種ですが、エストロンやエストリオールよりも優れた生理活性を持っているものです。

プレマリンは商品名で、そのままであれば錠剤による内服薬になります。内服薬は効果が出やすい反面で身体全体に作用するものであり、副作用のリスクもあります。特に女性ホルモン剤では共通して血栓症のリスクがあるものです。このようなリスクを避ける方法としては、プレマリンクリームを使う方法があります。プレマリンクリームは外用薬で気になる患部に塗り込み、経皮吸収によってエストロゲンの補充を行うものです。プレマリンクリームは全体的な改善には効果はありませんが、膣に塗ることで潤いを与えることができるほか、自浄作用が高まることで膣での細菌感染を防ぐといった効果が期待できます。

関連記事
低用量ピルは通販サイトで買うのがお得なワケ 2020年05月30日

個人輸入代行という手段を使うことで低用量ピルを通販で買うことが可能ですが、通販を選択する理由としては、価格が大きなウェイトを占めます。病院であれば診察料や検査料が必要ですし、価格も病院ごとに異なるものです。その点で個人輸入代行を利用して低用量ピルを購入すれば、同じ効果のものが安い値段で手に入れること...

人によって症状の違う更年期障害!どんな症状が出るの? 2020年04月23日

更年期障害は女性に見られるもので、分泌されるホルモンの量が低下することによって引き起こされるものです。女性の場合には、卵巣で作られる卵胞ホルモンであるエストロゲンが身体を作る上で欠かせない働きをしていますが、成熟期を過ぎて老齢期に入るとそのエストロゲンの分泌量はピーク時と比べると、減ってしまうもので...

低用量ピルの「マーベロン」はニキビも改善する 2020年02月28日

低用量ピルを用いることで得られる避妊以外の効果のひとつにニキビが改善するというものがあります。そもそもニキビは、思春期に見られるものでホルモンバランスの変化から皮脂が活発に分泌され、それによって毛穴で炎症症状が起こるものです。本来は思春期に見られる顔に出来る吹き出物がニキビであるのですが、現代では大...

ピルを服用して起こる不正出血について解説します! 2020年01月31日

ピルは、女性ホルモン剤であり、これによって避妊による効果や生理を安定させ生理前や生理中の不快症状を改善するといったことが可能です。その一方でピルを使用することで起こる作用のひとつに不正出血があります。ピルの副作用としては、吐き気や偏頭痛、むくみといったものがあり、使用し始めの頃に出やすいものです。こ...

モーニングアフターピルは性行為から何時間以内に服用するの? 2020年01月28日

モーニングアフターピルは、単にアフターピルとも呼ばれるもので日本語では緊急避妊薬と称されるものです。中身としては低用量ピルと同じ女性ホルモン剤ですが、含まれる量が低用量ピルよりも多く分類としては中用量ピルになります。モーニングアフターピルは妊娠の可能性がある性行為後に服用するもので、翌朝に飲むという...