• ホーム
  • モーニングアフターピルは性行為から何時間以内に服用するの?

モーニングアフターピルは性行為から何時間以内に服用するの?

嬉しく笑っている女性

モーニングアフターピルは、単にアフターピルとも呼ばれるもので日本語では緊急避妊薬と称されるものです。中身としては低用量ピルと同じ女性ホルモン剤ですが、含まれる量が低用量ピルよりも多く分類としては中用量ピルになります。モーニングアフターピルは妊娠の可能性がある性行為後に服用するもので、翌朝に飲むということからモーニングアフターピルと呼ばれますが、朝に飲むべきものではなく、望まない妊娠を避けるためには、いち早く服用することが求められるものです。

アフターピルの場合にもその効果は低用量ピルと同じで、排卵の抑制や子宮頸管の粘膜を変化させて精子が入ってくるのを防いで卵子に受精するのを防ぐ、また子宮内筋を厚くさせないことによって着床を防ぐといったものです。しかし、低用量ピルの場合にはこれらの状態にするのにゆっくりと時間をかけて行い、あらかじめ女性が妊娠しないような状態にするのに対してアフターピルでは、性行為後に行うために短期間で女性が妊娠しないような状態にする必要があります。

物理的なタイムリミットとしては120時間程度で、これは精子の寿命に起因するものです。つまり5日間程度は女性の体内で存在している可能性があるということで反対に言えば、5日が経過して妊娠が成立していなければ、妊娠に失敗したことになります。ただ5日というのはあくまでも長く生きた場合で、実際にはそれよりも短い時間に寿命を迎えます。しかし、ほとんどの精子は72時間以上は生きるとされており、このためアフターピルでは72時間以内に服用することが求められているものです。

アフターピルに使われる成分としては、低用量ピルのトリキュラーに使われている黄体ホルモンのレボノルゲストレルが使用されます。緊急避妊薬として発売されているものはノルレボ錠という名称ですが、含まれる成分は量が多くなっており卵胞ホルモンが調整されているので使用方法は1回の服用で済みます。タイムリミットは72時間以内となっていますが、妊娠の可能性がある性行為後からはやいほど効果は高く24時間以内であればほぼ妊娠を阻止することができるものです。72時間以内の場合には80%程度とされますが、最長で120時間までであれば60%程度の妊娠阻止率があるとされます。時間が過ぎたから効果は期待できないと考える人も居ますが、妊娠が成立したあとにそれを阻止することは母体にダメージを与えるものですから、妊娠を望まないのであれば試してみる価値はあるものです。

ただし、アフターピルのノルレボ錠は高価で国内のクリニックで処方してもらうと1万5千円程度の費用が発生します。この点でメリットがあるのがジェネリックのアイピルです。アイピルは同じレボノルゲストレルを含んだジェネリックでアフターピルとして利用します。使用方法も同じで性行為後72時間以内に1錠服用するだけで、個人輸入代行を利用すればノルレボ錠の10分の1と値段が安いものです。

なお、アフターピルは副作用が低用量ピルよりも出る可能性が高いもので、特に注意しなければならないのが嘔吐と下痢です。服用後2時間以内に嘔吐したり、下痢をすると成分が十分に吸収されていない可能性があります。このような場合にはもう1錠服用する必要があります。ただこれらの副作用は、従来の中用量ピルを用いたヤッペ法などと比べて小さいものです。

関連記事
低用量ピルは通販サイトで買うのがお得なワケ 2020年05月30日

個人輸入代行という手段を使うことで低用量ピルを通販で買うことが可能ですが、通販を選択する理由としては、価格が大きなウェイトを占めます。病院であれば診察料や検査料が必要ですし、価格も病院ごとに異なるものです。その点で個人輸入代行を利用して低用量ピルを購入すれば、同じ効果のものが安い値段で手に入れること...

人によって症状の違う更年期障害!どんな症状が出るの? 2020年04月23日

更年期障害は女性に見られるもので、分泌されるホルモンの量が低下することによって引き起こされるものです。女性の場合には、卵巣で作られる卵胞ホルモンであるエストロゲンが身体を作る上で欠かせない働きをしていますが、成熟期を過ぎて老齢期に入るとそのエストロゲンの分泌量はピーク時と比べると、減ってしまうもので...

プレマリンでエストロゲンの減少を防いで更年期障害の症状を抑えられる? 2020年03月26日

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少することによって発生するさまざまな不快症状のことです。更年期障害そのものは、主に40代後半頃から見られるものですが、個人差が大きく、それより若い段階で見られる人も居れば、遅れる人もいます。また症状についても生活に支障が出るほど重症化するよ...

低用量ピルの「マーベロン」はニキビも改善する 2020年02月28日

低用量ピルを用いることで得られる避妊以外の効果のひとつにニキビが改善するというものがあります。そもそもニキビは、思春期に見られるものでホルモンバランスの変化から皮脂が活発に分泌され、それによって毛穴で炎症症状が起こるものです。本来は思春期に見られる顔に出来る吹き出物がニキビであるのですが、現代では大...

ピルを服用して起こる不正出血について解説します! 2020年01月31日

ピルは、女性ホルモン剤であり、これによって避妊による効果や生理を安定させ生理前や生理中の不快症状を改善するといったことが可能です。その一方でピルを使用することで起こる作用のひとつに不正出血があります。ピルの副作用としては、吐き気や偏頭痛、むくみといったものがあり、使用し始めの頃に出やすいものです。こ...