• ホーム
  • 人によって症状の違う更年期障害!どんな症状が出るの?

人によって症状の違う更年期障害!どんな症状が出るの?

更年期障害は女性に見られるもので、分泌されるホルモンの量が低下することによって引き起こされるものです。女性の場合には、卵巣で作られる卵胞ホルモンであるエストロゲンが身体を作る上で欠かせない働きをしていますが、成熟期を過ぎて老齢期に入るとそのエストロゲンの分泌量はピーク時と比べると、減ってしまうものです。もちろんエストロゲンが減ったからといって身体を維持することができないわけではありません。しかし、このエストロゲンが低下していくタイミングで、さまざまな不調があらわれるものです。この閉経する前後5年、約10年間が更年期と呼ばれ、その時にでる不調症状が更年期障害と呼ばれます。

年齢的に見れば閉経は50歳頃に起こるもので、更年期は45歳から55歳とされます。一般的には40代後半頃から見られるものですが、実際には個人差があるもので、これよりも若い時期から始まったり、遅い場合もあるものです。それについても生活に支障が出るぐらいに重症化するような人もいれば、まったく気にならない人もいるなど個人差が大きいものです。これは月経前症候群や生理痛などに個人差があるのと同じになります。

なお、閉経は排卵が起こらなくなることで、それによって生理も起こらなくなります。そもそも女性は一生のうちに排卵できる卵子の数は限られており、その卵子をすべて出してしまえば新たな排卵は発生しなくなり閉経となるものです。このためもともと初潮が来るのがはやかったような人の場合には、若い時期に閉経が起こる場合があります。またホルモンバランスの乱れや病気などの理由から排卵が起こらなくなったり、排卵が出来なくなれば、20代・30代でも更年期障害と同じような症状が起こることがあります。病気によるものは厳密にいえば更年期障害とは異なりますが、ホルモンバランスの乱れが分泌量の減少などが原因で起こるような場合には若年性更年期障害と呼ばれるものです。

更年期障害の代表的な症状は、ホットフラッシュと呼ばれるもので、身体が熱く感じるほてりや、のぼせなどの症状があります。もっとも、ほてりや、のぼせの症状が中心に出てくるわけではなく、個人差があり、立ちくらみやイライラ、肩こり、動悸といったものが出ることもあるものです。これらの症状は生理不順でも起こるもので若い時には単なる生理不順と考える人も居ますが若年性更年期障害であった場合には卵巣機能が低下していることを意味しており、場合によっては不妊の原因にもなりかねません。

これらの症状そのものは、いずれも女性ホルモンのエストロゲンの減少によって引き起こされるものです。それまでの生理不順などとは異なりストレス解消や食生活を改善しても根本的に卵巣機能が低下することで起こるので、努力で改善することは難しいといえます。立ちくらみやイライラ、肩こりやほてり、動悸などの症状が、治まらないといった場合には、ホルモン療法などの治療をすることで改善させることができます。

関連記事
低用量ピルは通販サイトで買うのがお得なワケ 2020年05月30日

個人輸入代行という手段を使うことで低用量ピルを通販で買うことが可能ですが、通販を選択する理由としては、価格が大きなウェイトを占めます。病院であれば診察料や検査料が必要ですし、価格も病院ごとに異なるものです。その点で個人輸入代行を利用して低用量ピルを購入すれば、同じ効果のものが安い値段で手に入れること...

プレマリンでエストロゲンの減少を防いで更年期障害の症状を抑えられる? 2020年03月26日

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少することによって発生するさまざまな不快症状のことです。更年期障害そのものは、主に40代後半頃から見られるものですが、個人差が大きく、それより若い段階で見られる人も居れば、遅れる人もいます。また症状についても生活に支障が出るほど重症化するよ...

低用量ピルの「マーベロン」はニキビも改善する 2020年02月28日

低用量ピルを用いることで得られる避妊以外の効果のひとつにニキビが改善するというものがあります。そもそもニキビは、思春期に見られるものでホルモンバランスの変化から皮脂が活発に分泌され、それによって毛穴で炎症症状が起こるものです。本来は思春期に見られる顔に出来る吹き出物がニキビであるのですが、現代では大...

ピルを服用して起こる不正出血について解説します! 2020年01月31日

ピルは、女性ホルモン剤であり、これによって避妊による効果や生理を安定させ生理前や生理中の不快症状を改善するといったことが可能です。その一方でピルを使用することで起こる作用のひとつに不正出血があります。ピルの副作用としては、吐き気や偏頭痛、むくみといったものがあり、使用し始めの頃に出やすいものです。こ...

モーニングアフターピルは性行為から何時間以内に服用するの? 2020年01月28日

モーニングアフターピルは、単にアフターピルとも呼ばれるもので日本語では緊急避妊薬と称されるものです。中身としては低用量ピルと同じ女性ホルモン剤ですが、含まれる量が低用量ピルよりも多く分類としては中用量ピルになります。モーニングアフターピルは妊娠の可能性がある性行為後に服用するもので、翌朝に飲むという...